子供服のファミリアが神戸旧居留地に「ファミリア神戸本店」を開業。食や教育、リラクセーション、医療までカバーし、百貨店の屋上にあった“遊園地”のような印象。その背景にある社長の危機感とは?

 子供服大手のファミリアは神戸元町本店と大丸神戸店を閉店。2018年9月8日、体感型ショップの集大成となる「ファミリア神戸本店」を、神戸旧居留地に開業した。

 新しい神戸本店では従来から展開するベビー服や子供服の販売に加え、食や教育、リラクセーション、医療の施設も用意。子供と家族の可能性を広げる提案型空間にすることでブランド力を高め、海外進出にも弾みをつけたいという。年間来店客数は約40万人、年間売り上げ10億円を目指す。

旧居留地にある大丸神戸店の南側、デビスビルディング1、2階に開業した「ファミリア神戸本店」。開放的な場所にしたいという思いから、白が際立つファサードや大階段、ガラスウィンドーなど、誰でも入りやすい店舗デザインとなっている
出産前後のファミリーをターゲットに、衣食住と学び、癒やし、医療のコンテンツを集積。体感型ショップの集大成として、ワンストップサービスを提供する
日本の子供服の先駆けとして業界をリードしてきたファミリア。現在も「最初の1000日間」をコンセプトに、ものづくりに取り組んでいる