サントリー食品インターナショナルは2018年7月、自社商品専用のコーヒー豆焙煎工場「サントリーコーヒーロースタリー 海老名工場」(神奈川県海老名市)を稼働させた。02年3月に立ち上げた大山厚木工場(神奈川県厚木市)に次ぐ新工場で、一度に約300kgを焙煎できるイタリアの高機能焙煎機を日本で初めて導入。これまでの焙煎機では難しかった、熱風の量を自在にコントロールして焙煎温度を細かく制御できるのが特徴だ。

 「これまで職人の勘に頼っていた焙煎を機械にも任せられるので、さらなる品質の向上が期待できる」とサントリー食品インターナショナル ジャパン事業本部ブランド開発事業部の柳井慎一郎事業部長は話す。

 焙煎はコーヒーの生豆に熱を加える工程で、豆の品種や焙煎によって全く異なる香味(香りや苦味、酸味など)が生まれる。大山厚木工場では作られた香味はおよそ10万通りだったが、海老名の新工場ではその3倍の30万通りの香味が作れるという。この焙煎機を2台設置することで、既存の大山厚木工場と合わせて年間1万7000トンのコーヒー豆を生産する。ショート缶(185g入り缶コーヒー)に換算すると17億本分だ。

サントリーコーヒーロースタリー 海老名工場(神奈川県海老名市中新田5-24-3)。敷地面積約9000平方メートルで、大山厚木工場の約3倍。延べ床面積は5000平方メートル
イタリア・ペトロンチーニ社の高機能焙煎機。ローストファンが付いており、これまでの焙煎機では難しかった熱風の量を自在にコントロールして焙煎温度を細かく制御できる
高機能焙煎機によって作り出される香味は30万通りで、これまでの約3倍に