サントリーが飲料の自動販売機を使った弁当販売の新サービス「宅弁」を開始した。といっても、自販機から弁当が出てくるわけではない。自販機で飲み物を買う要領で、日替わりの宅配弁当が予約購入できる。

 やり方は簡単。宅弁に対応した専用自販機にお金を入れてボタンを押すと、注文が完了する。注文可能時間は午前8~10時。12時には自販機近くの指定場所に弁当が置かれるシステムだ。さらに注文が完了すると釣り銭の受け取り口から100円硬貨に似た形状の「購買証明コイン」が出てくる。それを使って同社自販機での飲料が10円引きで購入できる。

 サービスの対象は法人で、弁当は設置場所の近くにある飲食店が作り、配達も行う。提携する飲食店との交渉は飲食店の販促支援や情報サイトを運営するぐるなびが担当している。

宅弁に対応したサントリーの自販機。飲料を買うのと同じ要領で、お金を自販機に入れてボタンを押すだけで弁当の予約購入ができる。2018年7月から東京都中央区、千代田区、品川区の一部でサービスを開始
予約が完了後に出てくる「購買証明コイン」を使うと10円引きで飲料が購入できる
提供する弁当の一例。1個税込み700円だが、サービスを提供するエリアによって価格が変わる可能性もある