2020年といえば東京オリンピックの年。多くの高校生も、大学受験に向けて、スピーキングを始めます。これを機に、大人だって「やっぱり英語を話したい!」という欲求をかなえましょう。東進ハイスクールのカリスマ英語教師、安河内哲也先生がその秘策を伝授します。

安河内哲也(やすこうち・てつや)。上智大学外国語学部英語学科卒。東進ハイスクール、東進ビジネススクール英語講師。通訳案内士。一般財団法人 実用英語推進機構(PEPS)代表理事。一般財団法人 日本普及機構 理事。文部科学省英語教育の在り方に関する有識者会議委員。『英語は「体」で勉強しなさい!』(中経出版)他多数

入試が変わる、英語教育が変わる

 日本人の英語の学び方が大きく変わりつつあります。よく、ニュースで耳にするとおり、小学校3年生から英語の授業が始まります。今後は、コミュニケーション能力や問題解決力を身に付け、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を目的とした英語教育が始まります。

 2020年から、大学入試の英語もさまざまなスピーキングが導入され、コミュニケーション能力が試されるようになります。東京都では、時期は未定ですが、高校入試にもスピーキングテストが導入される予定です。教室の在り方も大いに変わるでしょう。

 学校の先生がガイドラインとしている「学習指導要領」には、「英語を理解し、英語で表現できる実践的な運用能力を養うため、聞くこと、話すこと、読むこと、書くことを3学年を通して行わせる」という旨が記載してあります。入試もスピーキングを含む4技能試験となり、ここでようやく指導要領と入試(中学・高校の英語教育)が一致するわけです。ついに文法・翻訳中心の受験英語からコミュニケーション中心の英語へと、教室で教えられる英語も変わりそうです。

2020年は大学入試だけでなく日本人の英語学習が変わるターニングポイントに

 アカデミズムの世界でもビジネスの世界でも、観光地でも個人のスマホの中の世界でも、もはやいちいち逐語翻訳していては、外国人とのコミュニケーションには追い付かなくなってしまいました。翻訳や通訳を介せず、英語を直接使いこなすことが、かつてないほど重要になり、この変化はさらに加速していくでしょう。

 入試も変わることになり、それにともない中学・高校の英語の授業が変わると期待されます。だから、みなさんのお子さんたちは、うまくいけば、英語がかなり使えるようになるでしょう。学校教育で学んだ英語が、そのまま社会で使えるようになるのですからね。彼らに負けないよう、私たちも使える英語の勉強を始めましょう。