皆さんは「琥珀色の男の夢」と聞いて、なにを想像しますか。そう、少年の頃に憧れた大きいバイク。やっと免許が取れる年齢になったのに、親に反対されたり、学校で禁止されていたりして、結局のところバイクには乗れずじまい。そうこうしているうちに、乗り物に対する興味は自動車へと移ってしまい、気がついたころには家庭を持っていて、思い返せばバイクに縁の無い人生だった……なんて諦めてはいませんか?

筆者の愛機ホンダ「CBR1100XX スーパーブラックバード」。これでも20年ほど前のバイクなんですよ
[画像のクリックで拡大表示]

俺、バイクに乗ってみようかな?

 実は、現役のライダーには40~50代が結構な割合を占めているっていわれております。みなさんも、高速道路をそうしたオジサマライダーが隊列をなして走る姿や、サービスエリアで休息している姿をよく見かけませんか?

 そのワケは約30年前に遡ります。世は一代バイクブーム。鈴鹿8時間耐久ロードレースなど、多くのオートバイレースが盛んに行われ、レース用のオートバイを市販モデル化した「レーサーレプリカ」が一世を風靡(ふうび)し、そこかしこでバイク小僧が元気よく走っていた時代です。そのバイク小僧たちが大人になり、子育ても一段落し、お財布にも余裕が出てきて「またバイクに乗ろうかな」という年ごろが現代の40~50代なのです。俗に言うリターンライダーってヤツです。

 そのリターンライダーにつられて、いままでバイクの免許を持っていなかった同世代のオジサマたちの中から「バイクに乗ってみようかな」という人が現れ、自動二輪の免許を取得しているようです。

自動車のように単なる移動手段として割り切れないのがバイクの良さ
[画像のクリックで拡大表示]