BS12トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの対談も、いよいよ最終回を迎える。テーマは「希望」。組織の一員として、一家の長として、がむしゃらに働き続けて、ふと気づけば「定年」という名の人生のリスタート地点が目前に迫っている。気力も体力も衰えた今、それでも未知なる原野に踏み出さなければならないオヤジ世代に勇気を与えてくれる「希望の歌」とは何か。マキタ&スージーが魂をこめて伝えてくれる。

“心”や“魂”に怠惰な生き方はやめよう

――今回のテーマは、この連載の最後のテーマにふさわしく「オヤジ世代に“希望”を与える歌」です。

マキタスポーツ(以下:マキタ):じゃあ、僕から行きましょうか。1976年にリリースされたクイーンの『Somebody To Love』(邦題『愛にすべてを』、作詞・作曲:Freddie Mercury)です。

スージー鈴木(以下:スージー):おぉっ。

マキタ:昨年11月に封切られた映画『ボヘミアン・ラプソディ』(原題:Bohemian Rhapsody、監督:Bryan Singer)は、日本でも大ヒットしました。この曲で僕がオヤジの人生に「希望」をもたらすヒントとして紹介したいのが、歌の中で何度もくり返される「誰か、私の愛する人を見つけてくれないか」っていう、あの有名なサビの部分です。

――というと?

マキタ:この連載企画で、僕が一貫して伝えたいことであり、自分にも言い聞かせていることなんですけど、なんか、胸が熱くなるっていうか、自分が熱心になれるもの、情熱を傾けられるものがないと、やっぱり人は生きていけないんじゃないかって。

スージー:はい。

マキタ:たとえお金がいくらあったとしても、寂しいのは本当にごめんだし、魂の充足がないことほどつらいものはないと思う。孤独や寂しさが、一番、人間の心をダメにする。

――分かります。

マキタ:そんな孤独や寂しさをほったらかしにしておくと、対人関係を避け、社会からの刺激を避け、思い込みや周囲に対する拒絶によって、なんとか自分を保つようになってしまう。そういう自分の“心”や“魂”みたいなものに対する怠惰な生き方は、ある意味、楽なのかもしれない。情熱が傾けられるものを探しても見つからないリスクより、希望に背を向けて、ただ漫然と生きていたいというのも、人間の性(さが)としては、理解できます。

一同:(黙って聞き入る)

マキタ:「誰か、私が愛せる人を見つけてくれないか」っていうのは、なんだか“ひと任せ”だから、しち面倒くさいっていうか、あるいはみっともないフレーズかもしれません。そういう本心や外部との接触を拒絶すれば、一見、自分の気持ちをわがものにしてるようにも思える。

スージー:(小さくうなずく)

マキタ:でも、本当は「死ぬ前に、もっと夢中になれるものを探したいんだよ」とか「私だって愛されたいんだよ」とか「誰か私が愛せる人を見つけてよ」みたいなことをみっともなく叫びたくなる気持ちというのは、もともとみんな持っていると思うんです。

スージー:はい。

マキタ:オヤジ世代になると、そういうピュアな欲望というか、純粋な思いをできるかぎり遠ざけたり、懸命にごまかしたりすることって、ありますよね?

――あります。

マキタ:この曲では、そうやって避けられがちな“叫び”みたいなものが、ストレートに表現されている。しかも、根元的に響くというか、魂の一番根っこの部分を揺さぶられるような気がするんですよ。

――確かに、そうですね。僕もクイーンは大好きで、中学生のころから聴いていましたが、50を超えてオヤジ世代に入った今のほうが、そういうストレートなメッセージをより強く感じるようになったように思えます。

マキタ:でも、実は僕、若いころはクイーン、そんなに好きじゃなかったです。

――えっ、そうなんですか?

マキタスポーツ(写真左):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』『決定版 一億総ツッコミ時代』など
スージー鈴木(写真右):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]