BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。今回のテーマは、ずばり「お金」。家族の生活費や子どもの教育費、さらには自分の老後の準備など、何かと「お金」が必要になるアラフィフのオヤジ世代は、お金とどんな付き合い方をすればいいのか。折り返し地点を過ぎた残りの人生を豊かにするために、お金との付き合い方のヒントをくれる曲について、マキタ&スージーが伝授してくれた。

表現するのにお金のかからない時代

――今回のテーマは「お金」です。どちらから始められますか?

スージー鈴木(以下:スージー):では、私から。1曲、ご用意しました。1986年に発表された佐野元春のアルバム『Café Bohemia』に収録された『月と専制君主』(作詞・作曲:佐野元春)です。

マキタスポーツ(以下:マキタ):あぁー! そうきたかぁ。

スージー:そんなにメジャーな曲じゃないですけどね。

マキタ:マニアックですよね。僕は好きですけど。

スージー:この曲のお薦めポイントは何かというと、アラフィフになってくると、お金のことがしんどくなっていくんで、お金がかからない喜びというものを知れば、大切なお金を担保しながら、人生を楽しめるんじゃないかって。

――ほぉ。

スージー:こういう歌詞です。

〽 眠りにつく
 あの専制君主の目を盗み
 今が、チャンスだぜ
 思いのたけ
 奴らの悪口をたたけよ
 言葉に税はかからない

マキタ:あぁ、出たね。

スージー:この歌で私が伝えたいことは、アラフィフ世代が定年を迎えた後も、お金をかけずに、もっとしゃべっていいんじゃないか、メッセージを発信してもいいんじゃないか、ツイートしてもいいんじゃないですかっていう、これまでにもこの対談で語られてきた「オヤジ世代は、もっと表現しようよ!」っていうメッセージです。

マキタ:うん。

マキタスポーツ(写真右):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』『決定版 一億総ツッコミ時代』など
スージー鈴木(写真左):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]