BS12トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。前半では、スージー氏が「騒動の理由は沢田研二が筋の通らないことに激怒したから」という持論を展開。それを受けて、後半では、マキタ氏が「ある程度の年齢に達した人間は、ジュリーのように生き方をシンプルにするべきではないか」という“オヤジ世代が学ぶべき人生論”を読者に問いかけた。

沢田研二はカーネル・サンダースじゃない、宮崎駿だ!

――では、マキタさんが考える「沢田研二に学ぶ“オヤジの美学”」にぴったりの歌とは、なんでしょうか。

マキタスポーツ(以下:マキタ):僕はあえてジュリーの曲の中から選ぶんじゃなくて、ジュリーの美学に最も近いんじゃないかと思える曲、オヤジの美学を貫き通したジュリーを応援するための曲として、町田義人さんの『戦士の休息』(作詞:山川啓介、作曲:大野雄二)を紹介します。

一同:おぉっ。

マキタ:この曲の歌詞を改めて読み込むと、僕は「ジュリー」を感じるんです。

スージー鈴木(以下:スージー):なるほど。

マキタ:言い訳しない、というか。

スージー:あぁ、そうですね。

マキタ:たとえば、歌詞でいうとこの部分。

〽男は誰もみな 無口な兵士
 笑って死ねる人生
 それさえ あればいい

――なるほど。

マキタスポーツ(写真右):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』『決定版 一億総ツッコミ時代』など
スージー鈴木(写真左):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]

マキタ:今回、記者会見もされましたが、言い訳っぽいことは1つも言わなかった。そのときのジュリーの見た目について、カーネル・サンダースがどうのこうのと、半笑いで突っ込んでいる人とかいたでしょ?

――謝罪会見のときの沢田研二さんの白い髪に白い髭、メガネに蝶ネクタイ、明るい色のジャケットという出で立ちが、カーネル・サンダースに似ていると話題になりましたね。

マキタ:僕はそういう小馬鹿にできるような話じゃなくて、非常にジュリーらしく正々堂々と、妙な言い訳もすることなく、毅然として釈明したと思いました。あと、ジュリーらしいなぁと思ったのは、ちょっと冗談を言うんだよね。

スージー:言いましたね。

広報のT女史:あの会見でも「ここはヤブ蚊がいっぱいいますけど」みたいなこと、言ってましたよね。

マキタ:ちょっとだけ、冗談を言うわけ。落ちをつけるような言い方をする。僕には、ああいうのが照れ隠しじゃないけど、すごくダンディに思えてしまう。

スージー:あれも、京都人っぽいっていうか、関西人の性ですよね。

マキタ:「ヤブ蚊がいっぱいいますけど」なんて、あの場では必要ないけど、ああいうこと言っちゃうジュリーの人間的なところが好きだから、ファンはジュリーを生で見に行くんじゃないですか?

一同:(うなずく)