BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。今回のテーマは「沢田研二に“オヤジ世代の美学”を学ぶ」。2018年10月17日、70歳記念全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を直前になって突如中止したジュリーについて、世間ではさまざまな批判が飛び交い、騒動となり、ジュリーは謝罪会見まで開くことに……。しかし、本当にそれで良かったのか? オヤジ世代の代表として、ジュリーを応援するマキタ&スージーが、軽々しく「沢田研二」を批判する風潮に物申す!

飛び石を飛ぶように走り続けろ!

――今回のテーマは「沢田研二に“オヤジ世代の美学”を学ぶ」です。それでは、お願いします。

スージー鈴木(以下:スージー):では、私から。沢田研二という人は、今回のドタキャン騒動も含めて「筋を通す人」というイメージがありますね。

――筋を通す?

スージー:その説明をするために、1曲……というか、シングル盤を1枚、ご紹介します。ちょっとマニアックですよ。まずはA面から。1987年にリリースされた沢田研二の『STEPPIN' STONES』(作詞・作曲:沢田研二)です。

マキタスポーツ(以下:マキタ):ほぉ。

スージー:この曲のサビはここです。

〽 Keep on Keep on running STEPPIN’ STONES
 Keep on Keep on running STEPPIN’ STONES

――かっこいいですね。

スージー:『キープ・オン・ランニング』っていうのは、「自分はロックンロールをやり続けていくぞ!」っていう意味なんですね。

マキタ:うん、うん。

スージー:「STEPPIN’ STONES」つまり「踏み石」を飛ぶように走り続けるぞっていうのが直訳なんでしょうけど、この曲がA面に入っているシングル盤のB面には『THE BASS MAN』(作詞・作曲:沢田研二)という曲が入っている。このタイトルにある「BASS MAN」っていうのは、渡辺晋さんのことなんです。

――ワタナベ……シン……さん?

マキタスポーツ(写真右):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』『決定版 一億総ツッコミ時代』など
スージー鈴木(写真左):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]