BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。前回の「レベッカの『MOTOR DRIVE』に刺激を受けて、やりたいことをやって健康になろう!」というスージー氏の話とはうって変わって、マキタ氏は山下達郎の名曲から受け取る「祈り」や「感謝」の話を基に、情報が氾濫する現代社会の病理に鋭く切り込み、オヤジ世代が求めるべき「健全な感性」の大切さを訴えた。

健康とは爽やかな朝の目覚めに感謝すること

――では、マキタさんが考える「健康にまつわる歌」は、なんでしょうか。

マキタスポーツ(以下:マキタ):私がお薦めする曲は、山下達郎が2011年にリリースしたアルバム『Ray Of Hope』に収録された「MY MORNING PRAYER」(作詞・作曲:山下達郎)です。

スージー鈴木(以下:スージー):いいですね。

マキタ:結構好きで、ぜひ朝焼けを眺めながら聴いてほしい名曲です。

スージー:はい。

マキタ:このタイトルの「PRAYER」は「祈り」という意味ですが、達郎さんの優れたアーティスト性もまた「祈り」と呼べるものに近いんじゃないかなって。

スージー:うん、うん。

マキタ:この歌は、全編通してなにか「ピュア」なものが感じられる曲だと思うんです。たとえば僕の場合、もちろん「健康」は当然気になりますが、そもそも、朝、目が覚めたときに「あ、ちゃんと起きられた!」みたいな感覚があるんですよ。

――それ、なんとなく、分かります。

マキタ:前の日の夜に「明日の朝を迎えられないんじゃないか」って思い悩むほど深刻な話じゃないんです。今年の夏はすごい台風が来ましたが、台風一過できれいな日差しが見えた朝、爽やかな目覚めに感謝する……みたいな気持ち、ありません?

一同:(静かにうなずく)

マキタ:できることなら、朝、ぱあっと気分よく目覚める方がいい。だったら、さかのぼって、前の晩は深酒とかしちゃいけないし、きちんと睡眠をとらなければいけない。我々オヤジ世代は、そういう生活のリズムのつくり方、体調の整え方をそろそろ意識したほうがいいんじゃないかなって。そんなことを思いながら、実際には、不規則な生活をしてるんですが。

一同:(笑)

マキタ:何回かに1回の割合で、すごくいい目覚めとかがあったときに、なんかちょっと「感謝します!」みたいな気持ちになる。だから、過度に体を鍛えたりしなくても、朝、ちゃんと起きられることを心がけるのが「健康」に一番いいんじゃないか。そんなことを「MY MORNING PRAYER」が教えてくれるんです。

スージー:そうですね。

マキタ:たとえば、こんな歌詞があります。

〽 ひとときでも
 耳をすませ
 心をゆだねたら
 かすかな希望の
 音を聴いておくれ
 THIS IS MY PRAYER
 MY MORNING PRAYER

曲としてはシンプルなんですが、爽やかさに満ち満ちている。いろんなものに感謝していることが、この歌詞にすごく表れているんです。

一同:(静かにうなずく)

マキタスポーツ(写真左):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』など
スージー鈴木(写真右):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]