BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。今回は、オヤジ世代にとっての最大の関心事とも言える「健康」がテーマだ。家族を守り、これからの自分の人生を充実させていくために、何より大切なものだとわかっちゃいるけど、つい、深酒、暴飲暴食、運動不足が止まらない。そんな悩みを抱える読者に、マキタ&スージーが「健康になるための曲」を伝授してくれた。

「あれもしたい、これもしたい!」が健康への近道

――今回のテーマは、我々の世代なら誰でも気になる「健康」です。

マキタスポーツ(以下:マキタ):(元気な声で)健康!

スージー鈴木(以下:スージー):大事ですね。

――では、スージーさんの「健康」にまつわるお薦めの曲をお願いします。

スージー:私は、まず「何のために健康になるか」という目的論を整理したいと思います。

――と言いますと?

スージー:年を取ってアラフィフになっても、目的、つまり「やりたいこと」がたくさんあったら、健康でいられるんじゃないかって。実際、世の中の健康なおじいさん、おばあさんっていうのは『まだ、あれもしたい、これもしたい!』っていう目的があって、「病気なんかになってる場合じゃないぞ!」と思っているから、健康なんじゃないかと。

――なるほど。

スージー:なので、私がお薦めする歌は、1986年に発売されたREBECCA(レベッカ)のシングル『RASPBERRY DREAM』(作詞:NOKKO、作曲:土橋安騎夫)にカップリングされていた曲『MOTOR DRIVE』(作詞:NOKKO、作曲:土橋安騎夫)です。

マキタスポーツ(写真左):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』など
スージー鈴木(写真右):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]

マキタ:おぉっ!

スージー:やりたいこと、ありすぎるの……(と、つぶやいてから、やおら、元気に歌い出す)

〽 やりたいコト ありすぎるの
 あきらめられないけど 現実はシビア
 いそがなきゃ 出おくれちゃう
 時代は Motor Drive

一同:(拍手喝采)

スージー:ボーカルのNOKKOの書いた、80年代中盤の女の子の心をわしづかみにした歌詞なんですけど、これは当時、バブル前夜だった日本の女の子の「やりたいことがありすぎる!」っていう気持ちを代弁しています。そのテンパってる感じというか、“時代がMOTOR DRIVE”っていう気持ちをおじさんになっても、持っていいんじゃないか、と。

マキタ:うん、うん。

スージー:アラフィフになっても「やりたいことはまだまだあるぞ!」と。

――たとえば、どんな「やりたいこと」があるのでしょうか?