BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。奥田民生と吉田拓郎の「旅歌のDNA」から「ビジネス嗅覚の鋭い広島出身アーティスト」の話題まで深められた前回を受けて、今回は、あの『銀河鉄道999』のテーマ曲に乗せて、宇宙を駆け巡る壮大なロマンにも負けない“オヤジ世代の旅の醍醐味”に迫る!

「妻子を置いて男友達とバカ騒ぎする旅」のロマン

――今度は、マキタさんの好きな「旅」の歌をお願いします。

マキタスポーツ(以下:マキタ):べたですけど、GODIEGO(ゴダイゴ)の1979年のヒット曲、『銀河鉄道999』(作詞:奈良橋陽子/山川啓介、作曲:タケカワユキヒデ)です。

――オヤジ世代は、みんな大好き「スリー・ナイン」ですね。

マキタ:僕は人生的にずっと“さすらってる”と思われがちです。でも、意外と僕の中ではさすらっているつもりはなくて、実は逆に“独身”っていう“さすらい”に一番憧れてる人間なんですよ。

一同:(笑)

スージー鈴木(以下:スージー):今日もマキタさん、面白いなぁ!

マキタ:結婚して、家を持って、そこにデンと構えて、根を下ろしちゃってる感じなんですけど、ほんとは、まだまだ、うろうろしたいんですよね。

――はい。

マキタスポーツ(写真左):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』など
スージー鈴木(写真右):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]

マキタ:うろうろしたいんですけど、それはもう「かなわぬ夢」なんです。だから、なんでしょうかね……『The Hangover』っていう映画があるんですけど。

――2009年にアメリカで公開されて、翌年、日本でも劇場公開された『ハングオーバー! 消えた花 ムコと史上最悪の二日酔い』ですね。1作目がヒットして、同じトッド・フィリップス監督で、第2弾、第3弾がつくられ人気シリーズになりました。

マキタ:この映画の主人公のように、結婚する直前の独身生活最後の日に、男友達とベロベロに酔っ払って、バカ騒ぎする旅っていうのにすごく憧れるんですよ。

――分かります!

マキタ:でも、実際にはそこまでのバカはできないし、妻子を置いてどこかに行くっていうことも、物理的にも精神的にも難しいと。

スージー:(深くうなずく)

マキタ:たとえ、その夢をかなえられる日が来たとしても、それまでにだんだん足腰も弱ってくる。

スージー:(真面目な口調で)分かりますよ。

マキタ:たとえば「歩き旅」。四国八十八カ所をお遍路で巡りたいとかって思っても、果たして自分の膝がもつかどうか、心配になってくる。

スージー:あぁ、あれは心配ですね。

マキタ:もし時間があったとしてもですよ、「そんなことする膝じゃねぇだろう、おめぇは」となる。

一同:(笑)

マキタ:さっきのスージーさんの話じゃないけど、銀河鉄道に乗って移動するのはロマンですけど、「そんな長旅に耐えられるような腰してんのか、おめぇは」っていう問題がある。

スージー:ありますねぇ。さっき話した「鉄旅」は確かに腰にきます。

マキタ:でしょ! 正直な話、そんなに長い間、座っていられるはずねぇじゃん。全部、ない、ない、できない、できない……だから、ロマンなんですよ。

――なるほど。