BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。沢田研二と山下達郎で“かっこいいオヤジの生き方”論を展開した両氏のトークはさらにヒートアップ! 「“おじいさん”にならない団塊世代のせいで、40代、50代が“おじさん”になれない」という現代特有の悲劇に言及し、この受難の時代をオヤジ世代が生き延びるための処方箋(対処法)が模索された。早く“おじさん”になりたいビジネス・パーソンは必読!

人前に立つときはバチッと決める“かっこいいオヤジ”

――30歳で、かつてオヤジがかっこよく生きられた時代を歌い、70歳になっても「かっこいいオヤジ」であり続ける沢田研二と、「オヤジとしてかっこよく生きましょう!」とエールを送り続ける山下達郎。この2人が“かっこいいオヤジ”の代表であることは分かりましたが、では、読者のみなさんが2人のように「年を取っても、かっこよく生きる」ためには、どうすればいいのでしょうか。

スージー鈴木(以下:スージー):どうでしょうね。

マキタスポーツ(以下:マキタ):なんか、ユーモアみたいなこととか、受け入れる姿勢みたいなもの、いわゆる“処世術”とかも大事だと思うんです。たとえば、山下達郎さんだってすごく勤勉な人だと思いませんか。

スージー:勤勉でしょ!

マキタ:本当に勤勉に確かな仕事をやり続けるってことを、普通の人たちがどれだけできるんだろうって。

――そうですね。

マキタ:年を取ると、どっか不真面目だったりすると思うんです。達郎さんみたいな生き方には憧れるけれど、達郎さんみたいなクオリティーの仕事って、なかなかできない。

スージー:推測ですけど、たぶんサラリーマンよりも残業してますよ。

マキタ:会社にたとえたら「ひとりブラック企業」ですよ。

マキタスポーツ(写真左):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2013年、映画「苦役列車」の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』など
スージー鈴木(写真右):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]

スージー:自身のラジオ番組でも、単に「棚からひとつかみ」じゃなくて、最高の曲を選んで、最高の音質を追求して、それをマスタリングして……。

マキタ:全部、自分でね。

スージー:あんなに忙しい人は、65歳でいないと思います。

マキタ:日々たゆまずやっていることをずっと続けられる特別な人っているじゃないですか。そういう人だと思うんです。そういうことはなかなか普通の人にはできないし、その人がそのまんま、高い評価を得ているのは当然のことだと思うんですよ。しかも、かっこいいし。

スージー:うん、うん。

マキタ:だけど、どっか油断とかスキみたいなものもあってほしい。たとえば、今の沢田研二。テヘペロじゃないですけど、「なんだかんだ言っても太っちゃったわ」みたいな“受け入れ方”もできる。

スージー:はい。

マキタ:だけど、「俺は人前に立つときはバチッと決めるぜ!」みたいな“張り方”もできる。

スージー:はい。

マキタ:大人になってお腹がだぶついちゃったかもしれないけれども、やるときはかますぜっていう態度。そういうことをやってくれる大人にはなりたいな。