BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で、80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏が、同世代のビジネスパーソンに「歌う処方箋」を紹介するこの企画。第3回のテーマは「オヤジ讃歌」。「年を取って初めて分かることもある」というオヤジだからこそ楽しみ味わえる曲や、オヤジとして生きていくうえでヒントになる歌などについて語りつくす。

オヤジ世代の本物の「ダンディ」とは?

――第1回のテーマ「役職定年」、第2回のテーマ「妻への2度目のラブレター」に続いて、今回で第3回となる対談のテーマは「オヤジ讃歌」です。今日は、どちらからいきますか?

マキタスポーツ(以下:マキタ):じゃあ、僕からいきますか。

スージー鈴木(以下:スージー):お願いします。

マキタ:「昭和は遠くなりにけり」ということで、若い人にはまだ、この魅力って、なかなかわかんないって思う一曲。時が過ぎても、相変わらず味わい深い、沢田研二の『カサブランカ・ダンディ』(作詞:阿久悠、作曲:大野克夫)。

マキタスポーツ(写真左):1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2012年、映画『苦役列車』の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』『越境芸人』など
スージー鈴木(写真右):1966年大阪府生まれ。音楽評論家、昭和歌謡から最新ヒット曲まで邦楽を中心に幅広い領域で、音楽性と時代性を考察する。著書『イントロの法則80's 沢田研二から大滝詠一まで』『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ1978-1985』など
[画像のクリックで拡大表示]

――おぉっ!

スージー:うわっ、しまった! ちょっと、だぶった……。

マキタ:だぶっちゃった?

スージー:あっ、いいです。マキタさんが先攻ですから。

マキタ:じゃあ、いかせてもらいます。あの曲、歌い出しが、

〽 ききわけのない 女の頬を
 ひとつふたつ はりたおして

みたいなことで、いきなりフリが過激なんですよね。そのあとで、

〽 ボギー ボギー  あんたの時代はよかった

つまり、今の時代ではさすがにそんなことできないよってこと。名画『カサブランカ』の主役の名優ハンフリー・ボガード、愛称「ボギー」みたいなマッチョな振る舞いは、あの曲が歌われた1979年当時でも、もうできなくなってた。いつの時代も、男は自分がなりたい大人像にはなれないんです。

――たしかに。

マキタ:今の時代も、そう。リアルに自分の身近にいる女性で言えばカミさんですけど、万が一、カミさんの頬を一つ、二つ、張り倒すみたいなことをしたら……。

スージー:(声を震わせながら)殺される。

マキタ:(恐怖に顔を強張らせながら)そう、殺されますよ。つまり、いかに現実の話から遠いかってことなんです。ボギーの時代を『カサブランカ・ダンディ』の79年当時から振り返ったときも、あくまでもファンタジーとして「あなたの時代はよかったね」って。そのこと自体が、すごいお茶目だと思うんです。

スージー:ほぉ。

マキタ:この“茶目っ気”っていうか……なんつうかな……“しなやかなお茶目さ”みたいなものが、オヤジだからこその強さなんじゃないかって。

――なるほど。