40代、50代のビジネスパーソンにとって、かつて夢中になった80年代を中心とする歌謡曲は、癒やしを与えてくれる心の拠り所。そっと口ずさむだけで勇気が湧き、大事なものに気付かせてくれる深遠なメッセージが隠されている。この連載では、BS12 トゥエルビで放送中の『ザ・カセットテープ・ミュージック』で80年代歌謡曲の優れた論評をくり広げるマキタスポーツ氏とスージー鈴木氏に、厳しい世の中をしたたかに生き抜くための「歌う処方箋」について語ってもらう。

アナログ・シンセのピコピコは人類の原始的な祝祭に通じる

――定年後も夫婦仲良く暮らしていくために、妻に捧げる「二度目のラブソング」という今回のテーマ。スージーさんが浅香唯の『セシル』(作詞:麻生圭子、作曲:NOBODY)を推薦されたのに対し、マキタさんはジューシィ・フルーツの『ジェニーはご機嫌ななめ』(作詞:沖山優司、作曲:近田春夫)をプッシュされました。80年代のニューウェイブなサウンド、ちょっとキッチュな世界観、シンセサイザーのピコピコした電子音には、我々オヤジ世代の精力を蘇らせ、夫婦生活に刺激を与える効果があるから、定年前に聴くべきだということですか。

マキタスポーツ(以下:マキタ):それくらい、当時の電子音には、何か、感じさせるものがあったんですよ。たとえば、時代的にいえば『ラムのラブソング』(作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:小林泉美、歌:松谷祐子)とか。

スージー鈴木(以下:スージー):あ、あれね。

マキタ:(イントロをクチ三味線で)テッ、テッ、テッ、テッ、テッ、テッ……。

――それって、1981年から86年まで放送されたテレビアニメ『うる星やつら』のオープニング・テーマですね。

マキタ:あと、『ハイスクール ララバイ』(※作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣、歌:イモ欽トリオ)とか。

――(イントロをクチ三味線で)ティラルゥ~~!

マキタ:ね、あのへんの、YMOがらみの。

スージー:アナログ・シンセの音ですね。

マキタスポーツ:1970年山梨県生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優。2013年、映画「苦役列車」の好演をきっかけに、役者として活躍の場を広げる。文筆家としても鋭い時評・分析を展開。著書『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』など
[画像のクリックで拡大表示]

マキタ:そうそう。あの辺の音とかを聞くと、なんか、リビドー!っていうか。意志の力でどんなに抑えようとしても、ムクムクムクってなるんですよ。

スージー:てっきり『時には娼婦のように』(作詞:なかにし礼、作曲:なかにし礼、編曲:萩田光雄)がくるかと思ったら、ちがいましたね。

マキタ:ちがいます。

スージー:意外な方向からきました。

マキタ:サウンドの、なんかね……なんか、あるんですよ、人間の原始的な祝祭の部分というか。こう、祝福してくれるような、本当に根源的な欲求の……。

スージー:シンセの音色ですか。それとも、ニューウェイブ特有の(イントロをクチ三味線で)タッ、タッ、タッ、テッ、テッ、テッっていう独特のリズム?

マキタ:どっちも、なんかくるんですよ、そういうのが。