スマホとパソコンのファイル転送が面倒

Q.外出先で使うファイルをタブレットに転送したり、外出先で書いたメモをパソコンで読み込んだりするのって、手間が掛かる。もっと簡単に済ませたい。

 クラウドサービスが発達して、スマホでの文書作成も楽になった。その割に進化しないのが、パソコンとスマホ、スマホとタブレット間のファイル転送だ。ファイルを1個送るのにケーブルをつなぐのなら、「Send Anywhere」を使ってみよう。

 ファイルを送るだけなら、ログイン不要。ドラッグ・アンド・ドロップで送るファイルを選んで送信(図1、図2)。表示される6桁の数字を別の機器で入力すれば、転送完了(図3)。6桁の数字だけだとセキュリティが不安になるが、ファイルの保存時間はたった10分。1回転送すれば削除されるので、極秘ファイル以外なら心配しなくてよいだろう。

 自分のパソコンからスマホに送るといった場合は、同じアカウントでログインすると、より簡単・安全に送れる(図4)。ログインした場合は、メールでの転送も可能だ(図5)。複数の機器でダウンロードしたいときには、「リンク」を使ってアップロード(図6)。リンクの場合、48時間以内に同じアカウントでログインすれば、何度でもダウンロードできる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

(文/鈴木 眞里子=グエル)

※日経パソコン 2018年5月28日号の記事を再構成