スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど『別にアップル好きじゃないです』と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、iPhone禁止令を出された伊藤氏が最新のAndroid端末「Pixel 3」をiPhone化してしまったお話だ。

Pixel 3でアップル系の心意気を示せ

(イラスト/伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜の赤レンガ倉庫で行われた「iPhoneケース展」の記事がボツにされた。担当氏いわく「伊藤さんに、こんな記事は求めてないんだよ」。川崎の立ち飲み屋に呼び出された筆者がテーブルに着くと、そこにはホッピーやモツ煮込み、赤ウインナーと並んで怪しげな箱が置かれてあった。

 箱には「Google Pixel 3」のロゴ。担当氏は「これを使って記事を書け」と言う。「Android端末でアップル系の心意気を示して見せろ。記事を書き終えるまでiPhoneは禁止だ」。

 iPhoneが登場するずっと前からアップル関連の記事を書いている筆者にとって、この程度の逆境はむしろ心地いいくらいだ。もちろん、二つ返事で引き受けた。