スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど「別にアップル好きじゃないです」と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、iPhone X用のケースにiPhone XSを入れてみたら、カメラやスピーカーの穴の位置が微妙にずれていたというお話だ。

いいえ、私が欲しいのはiPhone XRです

(イラスト/伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年の新iPhone発表イベントを見た直後から、iPhone XRが気になって仕方がない筆者の元に、“女神”からメールが届いた。内容を脳内変換して説明すると以下の通り。

女神: あなたが欲しいのは、この金のiPhone XSですか? それともこちらの金のiPhone XS Maxですか?

筆者: いいえ、私が欲しいのは赤いiPhone XRです。

 正直に答えたところ、アップルという名の女神が金のiPhone XSと金のiPhone XS Maxの両方を貸し出してくれた。10月26日のiPhone XR発売前に、少しの間だが、新モデル2機種を試用する機会を得たのである。

 せっかくなので、愛用のiPhone Xのデータを完全にXS Maxに移行して使ってみることに。もう一方のXSは自分のApple IDを設定して、「iCloud」と同期を取るサブ機に位置付けた。なぜ両方をメイン機にしないのかと思われるかもしれないが、筆者は同時に2台のiPhoneを愛せるほど器用ではないのだ。

女神が貸し出してくれたiPhone XS MaxとiPhone XS。大きいほう(左)がXS Maxだ
[画像のクリックで拡大表示]