ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は据え置き型ゲーム機「PlayStation 4」(PS4)を発売して今年で5年目を迎える。2016年には、4K映像で出力できる「PlayStation 4 Pro」(PS4 Pro)や、PS4専用のバーチャルリアリティー(VR)システム「PlayStation VR」(PS VR)といったハードウエアが出そろい、対応ソフトも拡充が続いている。PS4の成熟期を迎えて、SIEは今後どのような戦略で事業を拡大していくのか。日本と中国のセールス&マーケティングを統括するSIE 日本ビジネスオペレーション部門SVP兼 部門長の織田博之氏に話を聞いた。

(聞き手/山田剛良=日経 xTECH、構成/赤坂麻実、写真/加藤康)

日本ビジネスオペレーション部門SVP兼 部門長の織田博之氏
[画像のクリックで拡大表示]