ミクシィは、プロモーション活動を積極化して人気スマートフォンゲーム『モンスターストライク』を長く親しまれるIP(ゲームやキャラクターなどの知的財産)に育てる下地作りを進めている。その一方で、新作の『ファイトリーグ』を投入したりイベントやマーチャンダイジングなどの周辺事業を手掛けたりと、事業拡大を推し進めている。2018年にはゲーム事業をけん引してきた木村こうき氏が代表取締役社長に就任し、新体制となる。ミクシィの今後の戦略について、ゲームを中核としたデジタルエンターテインメント事業を担当する取締役執行役員の多留幸祐氏に聞いた。
(聞き手/佐野正弘、写真/志田彩香)

●多留幸祐(たる・こうすけ): 携帯コンテンツ会社、ライブドア(現LINE)などを経て、2014年2月、ミクシィに入社。モンストスタジオ(現XFLAG スタジオ)で『モンスターストライク』の企画・運用に従事。2015年1月、同スタジオの部長に就任。2017年4月より、XFLAG スタジオ モンスト事業本部長として、モンスターストライクに関わる全部門を統括。2017年6月、取締役に就任
[画像のクリックで拡大表示]