いつものように電車に乗っていたら、iPhoneに通知が。画面を見ると、わいせつな画像が大きく表示されている――。

 最近、こんな話がよく聞かれるようになりました。これは「AirDrop痴漢」と呼ばれる行為で、知らない人からAirDropでアダルト画像やグロ画像など、目にしたくない写真を送りつけられることを指します。受け取りは拒否できるのですが、送られた段階で画像はプレビューされるため、強制的に見せられてしまうのです。

突然送られてくる不快な画像。いったい誰が……(写真:U-taka / PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところで、「AirDrop(エアドロップ)」をご存じでしょうか。AirDropとはApple製デバイス同士で写真や書類などのコンテンツを共有する機能です。iPhoneからiPhoneへ、またはiPhoneからMacへ画像などを送り合うことができます。

 AirDropはBluetoothとWi-Fiを使用して通信するため、携帯電話会社の回線を使う必要はありません。つまり写真を何十枚送っても、契約回線のデータ通信量を圧迫することがないという便利な機能です。若い世代はAirDropを「エアドロ」と呼び、写真の送受信にはもっぱらAirDropを使っています。今まで使ったことがない人は、写真の受け渡しなどにぜひ使ってみてください。

AirDropで送るには、送りたい画像や動画を表示し、左下の共有ボタンをタップ。AirDropの部分をタップすると、送信先の候補が表示されます
[画像のクリックで拡大表示]
AirDropが送られてくると、プレビューが表示されます。「受け入れる」をタップすると、自分のiPhoneに保存されます。「辞退」をタップすると保存されません
[画像のクリックで拡大表示]