毎日暑い日が続いていますね。夏休みにはお出かけや旅行など、普段行かない場所でおいしい食べ物を食べてリフレッシュする人も多いのでは。さあ、SNSに投稿するチャンス到来です。いい写真をたくさん撮って、「いいね!」を集めちゃいましょう。

 ただし、スマホで撮った写真をそのままアップするのはNG。いくらカメラの性能が上がっても、写真それぞれの持ち味を引き出すならアプリで加工してから投稿するのがベストです。

 とはいえ、何のアプリを使ったらいいか分かりませんよね。そこで、スマホの達人である女子高生たちが使っている写真加工アプリをお教えしましょう。もちろん、女子高生たちと同じことをしても不自然なので、大人たちでも使える加工テクニックにしぼって紹介します。

いい写真を投稿したいなら女子高生に学びましょう(写真:msv/PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

料理の写真は「Foodie」がマスト

 おそらくSNSへの投稿が最も多い写真は食べ物でしょう。お昼に食べたラーメン、手作りの料理、予約の取れない名店でのコース料理など、おいしい食事の写真は誰もが「いいね!」したくなる投稿です。でも、食事をする場所は照明が暗い場合が多く、せっかくの料理がイマイチの写りになってしまうことも。そこで、食べ物の写真に特化した加工アプリ「Foodie」を使ってみましょう。

 Foodieには、一般的な食事、スイーツ、肉料理など、料理に合わせたフィルターが数多く用意されています。フィルターを選ぶだけで、華やかでおいしそうな食事の写真に早変わりします。特にスイーツやカラフルな野菜はぐんと映えるようになります。ちなみに、女子高生はこのフィルターを自撮り写真の加工にも使うので、セルフィー大好きな人はぜひ試してみてくださいね。

おいしい海鮮マリネだったのに残念な写真になってしまいました
[画像のクリックで拡大表示]
Foodieを起動し、スマホに保存している写真から加工したい写真を選択します
[画像のクリックで拡大表示]
加工ボタンをタップします
[画像のクリックで拡大表示]
用意されたフィルターをタップすると加工のプレビューが表示されます
[画像のクリックで拡大表示]
思いっきりトロピカルな色合いにもできます。好みの加工で保存ボタンをタップします
[画像のクリックで拡大表示]
食べ物をおいしく撮りたいならこれ! 「Foodie」
[画像のクリックで拡大表示]