「かきとしょうがのぶっかけ」(かき庵)は、広島 地御前産の牡蠣を生姜じょう油につけ込んだ広島特産のご飯のお供だ。瓶いっぱいにゴロゴロと牡蠣が入っており、これでひと瓶、税込み864円という価格はお買い得だろう。瓶の中の牡蠣を汁と一緒に取り出して、アツアツのご飯の上にのせるだけで食欲をそそる。

 原材料は、地御前産の牡蠣と国産の生姜、糖類、しょう油、岩塩など。製造しているヤスイは、広島県廿日市にある牡蠣の加工食品メーカーで、地御前産の牡蠣を中心に「かきとしょうがのぶっかけ」のほかにも「地御前かき&ガーリックオイル」や「地御前かき燻製」などさまざまな牡蠣の加工食品を販売している。

今回のご飯のお供「かきとしょうがのぶっかけ」
広島 地御前産の牡蠣を生姜じょう油につけ込んだもの。瓶の中には牡蠣の粒がギッシリつまっていた。「かき庵」のサイトや広島ブランドショップTAUから取り寄せることができる
[画像のクリックで拡大表示]
購入した場所「広島ブランドショップTAU」
【営業時間】10時30分~20時
【場所】東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング
【TEL】03-5579-9952
【ホームページ】http://www.tau-hiroshima.jp/
広島ブランドショップTAUは、JR有楽町駅と東京メトロ 銀座一丁目駅が最寄り
[画像のクリックで拡大表示]

 かきとしょうがのぶっかけは、「かき庵」のサイト(http://www.kakian.jp/)のほか東京 銀座にある「広島ブランドショップTAU」で購入することができる。内容量は110gで税込み864円だ。

広島ブランドショップTAUは地下1階~3階まであり、地下は「瀬戸内ダイニング銀座 遠音近音 Ochi Kochi (をちこち)」、1階は「TAUショッピング」として食品を中心とした物産品の販売、2階は「広島酒工房 翠」「熊野筆セレクトショップ銀座店」「広島お好み焼き 三匠」、3階は「イタリアンバール Paccio」と、それぞれの特色あるフロア構成となっている
[画像のクリックで拡大表示]