バッテリーの劣化を抑え、できるだけ長く使えるようにする基礎知識を解説
[画像のクリックで拡大表示]

 ノートパソコン、スマートフォン(スマホ)、タブレット、携帯ゲーム機など、身の回りにはバッテリーを搭載する機器があふれている。しかし、バッテリーの充電がうまくいかなかったり、いざ使おうと思ったら残量が極端にすくなかったり、なんて経験は誰でもあるだろう。その原因の一つがバッテリーの劣化だ。

 以前はユーザーがバッテリーを交換できたが、最近のスマホやノートパソコンは本体から取り外せないようになっていることが多い。バッテリー交換はメーカー修理扱いになる。そのためノートパソコンやスマホを少しでも快適に使い続けるには日ごろのケアが肝心だ。そこでバッテリーの劣化を抑え、できるだけ長く使えるようにする基礎知識を解説する。

バッテリーが劣化してしまう理由とは?

 基本的に、バッテリーは消耗品だ。充放電を繰り返すうちに、給電能力は次第に衰え、容量もどんどん落ちていく。いずれもバッテリーの劣化に伴う症状だ。

 最も一般的なリチウムイオンバッテリーの場合、劣化を促す要因が2つある。それは「サイクル劣化」と「保存劣化」だ。

バッテリーの劣化原因には、充電回数(サイクル)を繰り返して起こる「サイクル劣化」と、満充電の状態を常に維持することなどで生じる「保存劣化」の2通りある
[画像のクリックで拡大表示]

 サイクル劣化は、充放電を繰り返すことで生じる化学変化によって引き起こされる。特に、リチウムイオンバッテリーは充電容量が定格の半分程度になると、以降は急激に劣化が進む。そのため、バッテリーメーカーなどは、定格容量の50%に至る充電回数を寿命とし、おおよそ800回前後を見込む。

バッテリーの容量は充電を繰り返すごとに低下する。満充電時の容量は定格の50%を切ると急激に落ちる傾向があるため、そこまでにかかった充電サイクルの回数を寿命とするメーカーが多い
[画像のクリックで拡大表示]

 一方の保存劣化は、放置した状態で劣化する現象のこと。バッテリーを高温にさらすと化学変化が活発になり劣化しやすくなる。ノートパソコンをベッドに置いて放熱しづらくしたり、日差しの強い車のダッシュボードに放置したりは厳禁だ。

 満充電が長く続く状態もリチウムイオンバッテリーにとって厳しい。バッテリー内部で高電圧が維持され、化学変化が促されるからだ。

上のグラフは満充電と50%の充電量で、それぞれバッテリーを放置したときの劣化度を表したもの。満充電に近い状態は充電量が50%のときに比べて劣化度が倍近く早まる
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、完全に放電(0%)した状態のままにすることも問題がある。