この記事は「日経PC21」2018年9月号(2018年7月24日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 ピクセラの「Xit AirBox(サイト エアーボックス)」は、スマホで気軽にテレビを視聴できるようにするワイヤレステレビチューナーだ(図1)。

図1 自宅の無線LANルーターとアンテナをつなぐことで、スマホやパソコンでテレビを視聴できるワイヤレステレビチューナー。ネットを経由すれば、外出先でもスマホなどからテレビを視聴可能。また、USB端子に外付けハードディスクを接続し、テレビ番組を録画できる
[画像のクリックで拡大表示]

 設定方法は簡単。自宅のテレビアンテナのケーブルを本体に接続し、本体と自宅の無線LANルーターをLANケーブルで接続する。本体にB-CASカードを挿入し、本体の電源を入れれば準備は完了(図2)。

図2 無線LANルーターとLANケーブルで接続し、アンテナをつないだらB-CASカードを挿入。これで準備は完了。USB端子に外付けハードディスクを接続すれば、テレビ番組の録画もできる
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホに専用アプリをインストールすれば、スマホでテレビを視聴できる。寝室でもお風呂場でも、もちろん外出先からでも、ネットワークがつながる場所ならどこからでもテレビの視聴が可能。例えば海外出張の際に、日本国内の番組を楽しめる。スマホアプリはアンドロイドとiOSの両方に対応。アプリでは通信環境に合わせて、画質の選択もできる(図3)。

図3 スマホ専用アプリ「Xit Wireless」でテレビの視聴ができる。通信環境に合わせて、画質の選択も可能
[画像のクリックで拡大表示]

 地デジ、BS/110度 CS デジタルテレビ放送のチューナーをダブルで搭載しているため、本体のUSB端子に外付けハードディスクを接続すると、テレビ番組を視聴中に裏番組を録画できる。専用アプリを使えば、スマホからリモートで番組の録画予約も可能だ。録画した番組は、放送中の番組同様、外出先からも視聴できる(図4)。

図4 製品に外付けハードディスクを接続しておくことで、テレビ番組録画が可能。専用アプリを使えば、スマホから録画予約ができる。また、録画した番組を外出先から視聴可能
[画像のクリックで拡大表示]

 専用アプリは、テレビを視聴した状態でウェブの閲覧もできる「ながら見」機能を搭載。視聴中のテレビ番組の中で調べたい情報があった場合など、いちいちアプリを切り替えることなくウェブで検索できるのは便利だ(図5)。

図5 スマホ専用アプリでは、テレビを視聴しながらウェブ閲覧ができる。テレビ番組の中で気になる情報があった場合、アプリを切り替えることなくウェブで検索などができる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/山原 雄海)