富士通コンポーネントのキーボード開発陣の拠点となっている富士通長野工場。改良されたキーボードの秘密を求めて、開発陣の元を訪れた

記事へ戻る(ページを閉じる)

2018年11月、富士通クライアントコンピューティングから「LIFEBOOK UH-X/C3」(以下、UH-X)が登場した。LIFEBOOK UHシリーズは“軽さ”をコンセプトに開発されたモバイルノートPCで、本製品は第三世代となる。第二世代では13.3型ワイド液晶搭載ノートとして当時、世界最軽量となる748gを実現して話題を呼んだが、UH-Xではそれをさらに50g軽量化し698gを実現したのが特徴。しかも、驚くべきはキーボードも軽量化しながら打ちやすさを改善しているという。

関連画像