2018年11月、富士通クライアントコンピューティングから「LIFEBOOK UH-X/C3」(以下、UH-X)が登場した。LIFEBOOK UHシリーズは“軽さ”をコンセプトに開発されたモバイルノートで、本製品は第三世代となる。第二世代では13.3型ワイド液晶搭載ノートとして当時、世界最軽量となる748gを実現して話題を呼んだが、UH-Xではそれをさらに50g軽量化し698gを実現したのが特徴。しかも、驚くべきはキーボードも軽量化しながら打ちやすさを改善しているという。

2018年11月に発売された「LIFEBOOK UH-X」。LIFEBOOK UHシリーズの第三世代に当たるモデルで、実用性を維持しながら極限まで軽量化を追求。13.3型ワイド液晶搭載ノートで最軽量となる698gを実現した(2018年10月1日現在、富士通調べ)
[画像のクリックで拡大表示]

 基本的にキーボードの打鍵感と軽量化はトレードオフの関係にある。LIFEBOOK UHシリーズの初代モデルでは驚異的な軽量化を実現したが、多くのユーザーにとってキーボードが入力抜けしやすく感じるという弱点があった。しかし、わずか半年程度の期間でその弱点を改良。第二世代となる前モデルでは1.5mmのキーストロークに仕様変更するなど設計を見直すことで、一転して入力抜けが発生しにくいキーボードに仕上げてきた。モバイルノートとしては十分に快適な使用感で、もはや改良を加えることがないと思っていたが、第三世代となるUH-Xではキーボードユニットを軽量化しながら、さらに軽く打鍵感の良いキーボードに改良を施したというのだ。

UH-Xのキーボードは、一見しただけでは前モデルの第二世代との違いはわからない。しかし、文字を入力してみると使用感は確実に変わっていると感じる
[画像のクリックで拡大表示]

 さっそくUH-Xと前モデルとで文章を入力して打鍵感を比較してみた。すると微妙な差異ではあるが、打ち慣れてくると違いが感じられる。UH-Xのほうが軽快に入力できる印象なのだ。一体どのような改良が加えられたのか?
 そのカギを握るのは長野に拠点を置く富士通コンポーネントの開発チームだという。軽快な打鍵感の秘密を探るため長野に向かった。

富士通コンポーネントのキーボード開発陣の拠点となっている富士通長野工場。改良されたキーボードの秘密を求めて、開発陣の元を訪れた
[画像のクリックで拡大表示]