マウスコンピューターの「LUV MACHINES Slim ARS310」シリーズは、AMD製のグラフィックス内蔵CPUを搭載したスリムなデスクトップパソコン。低価格かつ高性能なAMD製CPUを採用することで高いコストパフォーマンスを実現している点が特徴だ。前回に引き続き、今回もメモリーにPC4-19200 DDR4 SDRAM 8GB、ストレージに1TBのHDDを搭載したRyzen 5 2400G搭載モデル「LUV MACHINES Slim ARS310SD」とA6-9500搭載モデル「LUV MACHINES Slim ARS310EN」の性能や使い勝手などをチェックしてみる。

LUV MACHINES Slim ARS310シリーズはAMD製のグラフィックス内蔵CPUを搭載したスリムなデスクトップパソコン。Ryzen 5 2400G、Ryzen 3 2200G、Athlon 200GE、A6-9500、4種のCPUを搭載するモデルが用意されている。今回はRyzen 5 2400G搭載モデル「LUV MACHINES Slim ARS310SD」、A6-9500搭載モデル「LUV MACHINES Slim ARS310EN」の性能や使い勝手などをチェックしてみる
[画像のクリックで拡大表示]

 検証に入る前に、Ryzen 5 2400G搭載モデル「LUV MACHINES Slim ARS310SD」とA6-9500搭載モデル「LUV MACHINES Slim ARS310EN」のスペックを再確認しておこう。CPUとCPU内蔵グラフィックス機能以外は共通で、メモリーは8GB(オプションで4GB×2のデュアルチャンネルに変更)、ストレージは1TBのHDD。電源は定格出力300Wのものが搭載されている。

[画像のクリックで拡大表示]
今回試用したモデルの主なスペック。CPU以外は同じだ
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク