アマゾンに数多く並ぶブルートゥースイヤホンの中で、ひときわ低価格だったのが、「PLAY X STORE スポーツマイヤホン」だ。価格は700円前後と非常に安価。「Sports headset」も、アマゾンで約800円の激安価格で販売されていた
[画像のクリックで拡大表示]

 人気のブルートゥースイヤホン。数千円から数万円まで幅広い価格帯の製品があるが、アマゾンなどのショッピングサイトには、1000円を切る激安品も並ぶ。1000円以下の激安ブルートゥースイヤホンは、実用に堪えうるのか? 今回はアマゾンで700円と800円で売られていた製品を実際に購入してチェックしてみた。

 700円のイヤホンは、簡素ながらもそれらしい箱に梱包されている。一方、800円のイヤホンは、ペコペコとした紙製のケース。外装だけなら700円イヤホンのほうが高級感がある。

 ところが本体をよく見てみると、白と黒という色の違いはあれ、同一製品なのではないかと思うほど、パーツの作りやデザインが似ている。色以外の違いでは、700円のほうには巾着袋が付属。さらに、簡素ながらも日本語に翻訳された説明書が同梱されていた。

もしかして同じ製品なのか? 両製品の形状、デザインはよく似ている
[画像のクリックで拡大表示]
700 円イヤホンには、収納用の巾着袋が付属している。袋の生地がしっかりしていてお得な気分になる
[画像のクリックで拡大表示]
付属していた取扱説明書
[画像のクリックで拡大表示]

 イヤーチップやケーブルは、色が違うだけで見た目はまったく同じ。スポーツ仕様のモデルらしく、イヤーチップは落下を抑えるウイングが付いたものが付属し、ケーブルを留めるクリップも同梱する。

イヤーチップやケーブルなどの付属品は、色が違うだけでどちらも同じ。スポーツ仕様をうたうだけに、どちらのイヤーチップにも耳留め用のウイングが付いている
[画像のクリックで拡大表示]

 右ケーブル部分にあるリモコンの操作性は悪くないものの、装着感は決して褒められたものではなかった。スポーツ仕様をうたってはいるが、軽いジョギングをしただけで耳から外れてしまう。落下を防止するためにも、ケーブルを留める付属クリップの利用をお勧めしたい。

スポーツ仕様とはいうものの装着感は悪かった
[画像のクリックで拡大表示]

 音質に関しては正直期待してはいけない。100円ショップのイヤホンにブルートゥースの機能を搭載したという印象だ。さらに700円のイヤホンは、リモコン操作をするたびに大きな効果音が鳴りうるさく感じることも。両製品ともケーブルが細く、絡まりやすいのも難点。

[画像のクリックで拡大表示]

 そして最大の問題は800円イヤホンのバッテリー。今回購入した製品固有の問題かもしれないが、充電中に熱くなり、50分の充電で1時間しか使えないこともあった。

800円イヤホンのバッテリーは非常に不安定。50分で満充電になるものの、1時間しか駆動しないこともあった
[画像のクリックで拡大表示]
※実売価格は、2018年11月上旬時点の税込み価格です。販売価格は常に変動しており、最新の価格と異なる場合があります。また、記事執筆時点から製品の名称や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合もあります。

(文/日経PC21編集部)

※日経PC21 2019年1月号の記事を再構成