本連載の著者である小口覺が、意識低い系マーケティングについてまとめた『ちょいバカ戦略』(新潮新書)を上梓しました。そこで、マーケティング関連の著作を次々とヒットさせている、マーケティング戦略コンサルタントの永井孝尚氏と再び対談。価格設定の妙味から個人のマーケティングまで語り合いました。

永井孝尚氏(右):マーケティング戦略コンサルタント。ウォンツアンドバリュー代表。慶應義塾大学工学部(現・理工学部)卒。日本IBMで戦略マーケティングマネージャー、人材育成部長等を担当。著書は『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA)、『これ、いったいどうやったら売れるんですか?』(SB新書)、『なんで、その価格で売れちゃうの?』(PHP新書)など多数
[画像のクリックで拡大表示]