[画像のクリックで拡大表示]

「エンターテインメントは、世界を変える」

 そのことを実感させてくれる作品がある。タイトルは、『チャック・ノリスvs.共産主義』(2015年)。日本での上映はなく、DVDレンタルもされていない。現在、Netflixでのみ見ることができるルーマニアのドキュメンタリー映画だ。「夏休み中に何か思い出に残るような一作を見たい!」というならぜひ、この作品をオススメしたい。

 まず、「チャック・ノリス」と聞いて胸が熱くなるのは、私と同じ40歳以上の男性がほとんどだろう。1980年代、シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーと並んで“アクション・スター御三家”の一人に数えられた人である。

 しかし、時代の移り変わりと共に、彼はインターネット世代の間で交わされるジョークの対象となった。いわゆる“チャック・ノリス・ファクト(チャック・ノリスの真実)”と呼ばれる、常識外れの強さや完璧さを語るジョークだ。

「チャック・ノリスは、腕立て伏せをするとき、自分の体を押し上げるのではない。世界を押し下げるのだ」

「チャック・ノリスは呼吸するのではない。空気を人質に取るのだ」

「チャック・ノリスは死を恐れてなどいない。死が彼を恐れているのだ」

 定型文に当てはめ、彼の偉大さを過剰に称えるジョークは、最近の日本でいえば、「大迫半端ないって」に近いだろうか。2000年代半ば以降、「チャック・ノリス」の名は、彼が活躍した80年代を知らない若者の間でも“伝説”(ネタ)として語られるようになり、全米はおろか、世界中に拡散した。

 そうした背景があって付けられた『チャック・ノリスvs.共産主義』というタイトル。だが、本作はれっきとしたドキュメンタリー作品だ。当然、彼が一人で共産主義と闘う物語ではない。正しくは、「ハリウッド映画が独裁政権を打ち倒した」という話なのである。