2016年3月に、スマートフォンやタブレットなどスマートデバイス向けのアプリ『Miitomo(ミートモ)』をリリース。米ナイアンテックと任天堂の関連会社のポケモンが協力して開発した位置情報活用ゲームアプリ『Pokemon GO』も世界中で高い人気を呼ぶなど、ゲーム専用機一辺倒の路線から踏み出した任天堂──。2017年3月には新型ゲーム機「NX」の発売も控える同社の今後の開発戦略はどのようなものか。宮本茂同社代表取締役クリエイティブフェローとともに、ソフト開発を指揮する同社取締役 常務執行役員の高橋伸也企画制作本部長に、今後の展望を聞いた。 (聞き手/降旗淳平、写真/菅野勝男)

高橋 伸也(たかはし・しんや)
任天堂取締役常務執行役員企画制作本部長
1963年11月9日生まれ。1989年4月任天堂入社。2012年7月企画開発本部副本部長、2013年6月取締役(現任)企画開発本部長に就く。2014年4月開発応援本部担当、2015年9月、新設の企画制作本部長(現任)、ビジネス開発本部・開発総務本部管掌(現任)に。2016年6月常務執行役員(現任)
[画像のクリックで拡大表示]
※編集部注:『Pokemon GO』は「e」の上にアクサンテギュが付きます。