米アップルが2018年9月12日(現地時間)に発表した「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」(アップルの表記では「S」と「R」はひと回り小さい大文字)。iPhone Xの正当進化と評価する声もあれば、物足りなかったという人もいる。かつてアップル米国本社マーケティング担当バイス・プレジデント(副社長)兼 日本法人代表取締役を務めた前刀禎明氏はどう見たのか聞いた。

 米アップルが「iPhone」シリーズの新機種やスマートウォッチ「Apple Watch」の新機種などを発表しました。

iPadでアップルのプレゼンを表示しながら語る前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、今回発表された「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」については、質的にしっかり向上させてきたなという印象を受けました。驚きはないけれど、スペックが充実しています。高性能なCPU「A12 Bionic」を搭載し、ストレージ容量は最大512GB。DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)にも対応しました。ディスプレーはベゼルレス(ディスプレーの額縁部分が極めて狭いデザイン)で最大6.5インチと大画面。「iPhone XS/XS MAX」の上位2機種では有機ELパネルを採用しています。

 カメラの表現力も強化したそうで、フィル(米アップル社上級副社長のフィリップ・シラー氏)が「Bokeh」(レンズのボケ味。日本語の「ボケ」に由来する)を連発しながら説明していたのは、ちょっと面白かったですね。

フィリップ・シラー氏がプレゼンテーションで「ボケ」を連発したのはネットでも話題になった
[画像のクリックで拡大表示]

 フィニッシング(筐体の外観仕上げ)も、相変わらず他社製品とは一線を画す質の高さが見てとれます。上位2機種はカラー(筐体色)にゴールドが追加され、廉価版の「iPhone XR」は6色展開なので、旧機種のユーザーが買い替える場合でも、新味が感じられるカラーを選べます。

 ただ、どれもガジェット好きなら変化に気づくことができて、歓迎もするのだろうなというレベルの地味な改良ですよね。昨秋発売された「iPhone X」とユーザー・インターフェース(UI)は変わらないし、ディスプレー上部にノッチ(切り欠き)があるのも変わらない。ツールとしての完成度は高まったものの、ユーザー体験を劇的に良くするものではありません。