ソニー、ディズニー、AOLなど国内外の名だたる企業で経験を積み、米アップルの本社で副社長も務めた前刀禎明氏は、これまで独自の視点で技術や製品とマーケティングの関係を語ってきた(関連記事:前刀 禎明の「モノ売る誤解 買う勘違い」過去記事)。その視点はどのような経験から生まれたのか。

“後ろ向きなマーケティング”は要らないと思った

 僕はマーケティングを専門にしていますが、昔から市場調査・分析はビジネスにはあまり有用でないと感じていました。大学時代に多少なりとも学んでみて、そういう結論に至ったのです。この材料からこの方法でこんな予測が立つ、結果に照らしてみてやはり予測は正しかった、などと学術的には検証できると思いますが、ビジネスでは過去のデータを分析することに時間を費やす“後ろ向きなマーケティング”が有効な場面はほとんどありません。

前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした問題意識は一般にも広がっているのか、最近では、経営戦略を立てるのに、「バックキャスト」という手法がしばしば用いられるようになっています。これは未来のある時点に目標を設定し、そこから現在すべきことを考える方法。2025年なり2030年なり未来の社会を想定して、そこから逆算して今後3年間に何をすべきかを考え、中期経営計画を策定するようなやり方です。でも、僕はこれにも懐疑的。未来志向といってもその未来が過去のデータを元に予測した10年先ならば、そこからさかのぼって考えるものは結局従来のプロダクトの延長になってしまいます。新しい“非連続”なプロダクトは生まれないでしょう。

 では何が有効なのか。今を観察することです。僕が米アップルにいたころ、ポータブル音楽プレーヤーの「iPod mini」を日本市場に広める仕事を担当しましたが、発売当時はよく電車の中で白いイヤホンコードを数えていました。当時、白いコードを採用しているのはアップルぐらいだったので、白いコードを数えることで、日々変わっていく普及状況をリアルタイムにつかめたんです。市場のことを知りたいなら、たった今、目の前にあるものを一番大切に見るべきですよね。

白いイヤホンコードはiPodやiPod miniなどアップル製品の象徴のようなものだった
[画像のクリックで拡大表示]