2018年11月に米アップルが発売した新「iPad Pro」。一見、従来モデルとあまり変わらないように見えるが、ユーザーインターフェース(UI)が進化していると前刀禎明氏は語る。「UIが使う人のクリエイティビティーを加速させる」というその心は?

 僕が新iPad Proを使い始めて1カ月ほどになります。2018年11月7日に発売されたにもかかわらず、使い始めたのは12月初旬から。というのも、僕が選んだのは、12.9インチのディスプレーと1TBのメモリーを搭載したモデルなのですが、どうやら用意した出荷量を需要が上回ったようで、なかなか届かなかったのです。注文後、最初に届いたのはなんとスタイラスペンの「Apple Pencil」。次に本体が届き、最後に純正キーボードの「Smart Keyboard Folio」が到着しました。

 この5年ほど、僕は「iPad Air」(第1世代、画面サイズが9.7インチ)を愛用していました。外出時はそれに加えて、ノートパソコンのMacBook ProとスマートフォンのiPhoneも携帯します。

 今回、新しいiPadを購入しようと思ったのは、大画面化に伴ってiPhoneの使い方が変わってきたから。iPhoneをプレゼン資料作成などにも使うようになって、僕にとってはiPhone 7 Plusが“iPad nano”というような存在になってきました。そうなると、iPadはもう少し画面が大きくてメモリー容量も十分なものにして、MacBook Proを代替したいと思うようになったんです。第1世代のiPad Proはメモリー容量が256GBまででしたが、今回は1TBまでラインアップに加わったので、これは買いだと思いました。

 最近はMacBook Proを持ち歩かず、ほぼiPad Proだけを仕事に使っていますが、非常に快適です。秀逸なのは、なんといってもユーザーインターフェース(UI)。キーボードとタッチパネルのどちらでも入力できますし、どちらか一方でしか使えない機能もほぼないので、操作の自由度が高いのです。入力内容は同じでも、画面をタッチして操作したいときと、キーボードから操作したいときがあります。僕の場合はそこに法則性がないので、そのときの気分で使い分けています。

 iPad Proの前モデルもキーボードとタッチパネルで入力できましたが、新iPad Pro用に改良されたSmart Keyboard Folioでは、UIの良さが一層引き立ったと思います。従来のiPad Pro用のFolioは主に側面の端子でiPad Proと接着していましたが、新しいFolioでは背面の磁石でくっつきます。これによって、ノートパソコン風に横置きしたときに、画面の角度を2段階で調整できるようになりました。机やイスの高さやユーザーの姿勢が変わっても、キーボードとタッチパネルを“両刀遣い”しやすい。キーボードで文字入力していた次の瞬間には、タッチパネルにひょいと触れてアプリを操作できます。まさに縦横無尽。操作が3Dになったというか、頭の中の情報を目の前に取り出して、実際に手を動かして創っているような感覚になるのです

 このように、デバイスをシームレスに操作できるというのは、実は非常に重要なことです。UIが思考を妨げることがないので、アイデアを出すことに集中できます。そういう意味で、デバイスが生産性を高め、創造性を大いに刺激してくれると感じます。