[画像のクリックで拡大表示]

 家電ティーチャーの奈津子です。このところ全国的に猛暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。あまりにも気温が高いとエアコンも壊れやすくなるので、「エアコンの効きが悪くなったな」と思ったら早めに買い替えを検討することをお勧めします!

 最近のエアコンというと、さまざまなセンサーを利用して在室している人数や人のいる場所、間取りや家具の位置などを検知し、賢く吹き分ける機能を搭載したモデルが主流になっています。三菱電機「霧ヶ峰シリーズ」の「3Dムーブアイ」、日立ジョンソンコントロールズ空調「白くまくん」の「くらしカメラAI」などがそうです。

 最近ではそれに加えて、清潔性をうたうモデルが増えてきました。フィルターの自動掃除機能はかなり前から多くのモデルに搭載されていますが、日立の「白くまくん」は2018年モデルで熱交換器の汚れを落とす「凍結洗浄」を搭載しました。パナソニック「エオリアシリーズ」は「アクティブクリーンフィルター」による空気清浄機能と、熱交換器に汚れが付かないようにする「ホコリレスコーティング」を施すようになりました。

 今回はそのパナソニック「エオリアシリーズ」の製造工程を見学するプレスツアーに参加してきましたので、その模様をお届けします!

「滋賀県南草津市にあるパナソニックのエアコン工場にやってきました!」
「滋賀県草津市にあるパナソニックのエアコン工場にやってきました!」
[画像のクリックで拡大表示]