実は坂道AKBの「誰のことを一番 愛してる?」がツイート数が多い

 一方、秋元康プロデュースの“坂道&AKB”グループではこの乃木坂46、AKB48のほかに2位に欅坂46の4thシングル「不協和音」(4月5日発売)、6位にその翌週発売の新潟が拠点のNGT46のデビュー曲「青春時計」、そして16位には欅坂46の2016年4月のデビュー曲「サイレントマジョリティー」という合計5曲がランクイン。このうち乃木坂46、欅坂46、NGT48の新曲はCD発売前ですし、16位の「サイレントマジョリティー」は年末年始の急上昇以来Twitterで長く人気をキープしており、あらためてそのファン層の厚さを感じさせます。

 ところでAKB48「シュートサイン」のCD内収録曲で表題曲以外で最もツイート数が多い(40位)のが、その名も坂道AKBの「誰のことを一番 愛してる?」。AKB48グループと乃木坂46、欅坂46という“坂道&AKB”グループ内の若手人気メンバーを16人選抜したグループである坂道AKBとあって、2月の発表以来かなりツイート数が多くなっていたのですが、この曲自体、坂道路線のクールなダンスチューンでCD販売サイトのレビューでもかなり好評です。実はCDは3月15日発売なのですが、配信は3月29日からと遅れるため「ダウンロードしたいのに、CDを買わないとフルで聴けない」といった書き込みもちらほら見られます。

AKB48「シュートサイン」(初回限定盤TypeA/キング)
[画像のクリックで拡大表示]