「∞(むげん)プチプチ」などのヒット商品を生み出した高橋晋平氏は「TEDxTokyo」に登壇するなど、企画・アイデア発想の名手としても知られる。その高橋氏が世の中で話題となっている“トンガリ商品”をピックアップし、開発者に直撃。企画の源泉とアイデアの“転がし方”を探っていく。

ALE(エール)の岡島礼奈社長(左)。東京大学理学部天文学科卒、同大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号取得(理学博士・天文学)。在学中にサイエンスとエンターテインメントの会社を設立し、社長に就任。卒業後、ゴールドマン・サックス証券戦略投資部で債券投資事業、PE業務等に従事。2009年より新興国ビジネスコンサルティング会社を設立し、取締役に。2011年9月にALE設立
[画像のクリックで拡大表示]

珍しいアイデアではないんですよ

高橋晋平氏(以下、高橋): 「人工流れ星を作る」というのは私には想像もつかない発想で非常に衝撃を受けたのですが、どんなきっかけで思いついたんですか?

エール 岡島礼奈社長(以下、岡島): 最初のきっかけは2001年のしし座流星群でした。しし座流星群って三十何年に1回くらいの頻度でたくさん流れる年があるのですが、ちょうどそのタイミングでした。当時は大学で天文学を学んでいたのですが、学科の仲間と山奥まで行って見ました。

 「すごいなあ」と感動したんですが、その帰りに学科の仲間に「流れ星って宇宙のちりが大気圏に突入してくるのが原因」と聞き、「人工的に作れるんじゃないの?」という話をしたんです。さらにその次の年に鳥取砂丘でペルセウス流星群を見たときに「流れ星を見るってエンターテインメントとしてすごく楽しいな」と感じて、「いつか流れ星を作ってみたい」と思うようになりました。実は人工の流れ星を作るというアイデア自体はそんなに珍しいものではないんですよ。

高橋: え! そうなんですか?

岡島: 宇宙関係者に聞くと10人に1人くらいはふと思いつくらしいですよ。でも、本当に実現させようとしているのは私だけだと思いますが。2000年前半は小型衛星を飛ばしてみようという流れが宇宙関係者の間で盛り上がった時期で、それを使えば人工流れ星がビジネスになるんじゃないかと考えたりもしました。

高橋: それからすぐに実行に移したんですか?

岡島: いえ、かなりの資金がいることは予想がついたので、すぐにはできませんでした。実際に着手したのは2009年からで、まず小型の人工衛星を作っているベンチャー企業のアクセルスペースさんに相談してみることしました。

 そこで最初に対応してくれた人が「それは自分も考えたことがあるし、ぜひやりたい」と言ってくださって。もしそこで「そんなのできるわけない」と言われてしまったら終わっていたかもしれないので、運が良かったですね。まず技術的な実証から始めようということになり、大学の先生をご紹介いただき、その先生の教え子の卒業研究という形で「どういう要件で流れ星が発生するか」の検証からスタートしました。

高橋: 「やりたい!」という人が向こうからどんどん集まってくるんですね。

岡島: まさに雪だるまみたいな感じで、本当にありがたいです。最初は技術メンバーのみでスタートしたのですが、2014年に自分たちの流れ星が明るく光ることが分かり、事業化のためのメンバーが集まるようになって現在に至るという感じです。