合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの料理道具を徹底比較する連載。今回は、2018年の調理道具のトレンドを振り返る。

[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは!飯田結太です。2018年もあとわずか。今年の調理道具の世界は、2大キーワードに沸いた年でした。それは、「鉄」と「ふわふわ食感」。面白いのは、長年の開発が実を結んだ製品が多かったこと。そして、夏の記録的な猛暑があったからこそヒットしたものもあります。では2018年を象徴するベスト5を紹介します。

2018年のヒット商品は
■“ふわふわ”が受けたおろし器
■驚きの進化を遂げた鉄のフライパン
■手軽、遊べて、盛り付けが華やかになる進化系ピーラー
■調理の世界でも話題になった湿度調整用品
■猛暑をやりすごせたのもかき氷器があったから!?
■番外編:もう無口にならない「カニ料理」の必需品