合羽橋の老舗料理道具店 「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、くすっと笑えて、意外と便利な、海外の調理道具を紹介。

鍋に入れたおたまなどのキッチンツールを滑り落ちないように止める、モンキービジネス「ハグボーイ スプーンセーバー」(1500円)
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、飯田結太です。海外製のユニークな調理道具を取り上げる2回目は、ありそうでなかった便利グッズです。(関連記事「ハロウィーンが盛り上がる「卵料理専用道具」 卵で恐竜が作れる」)

 海外の調理道具は発想がユニークで、使ってみると便利なモノが多くあります。対して日本製の便利グッズは、生真面目なほど便利さだけを追求したモノが多いのが現状。もちろん便利さを求めるなら、日本製のほうが圧倒的にいいかもしれません。しかし、料理をしたくなる、料理が楽しくなるのは、どちらかというと海外製の面白便利グッズだと思います。

 一見何に使うのか分からないのですが、使ってみると納得する、くすっと笑える。調理をしていてもわくわくする、そんなエンターテインメントなグッズを紹介します。

■ニンニクを砕くドラキュラ
■鍋でくつろぐネッシー
■人数分を簡単に出せるパスタケース
■鍋料理の助っ人たち
■魔法使い気分になれるソルト&ペッパー
■アフロヘアから角刈りに変身するクッキー

※価格は全て希望小売価格です。
合羽橋の老舗料理道具店、飯田屋の6代目、飯田結太氏
[画像のクリックで拡大表示]