コンビニで密かに売れている商品、あるいは注目の新製品を紹介するこの連載。今回はファミリーマートの新しい焼き菓子ブランドを紹介しよう。

 コンビニ商品のなかでも注目度の高いスイーツ。毎週のように新商品が発売されるが、そんななかファミリーマートは焼き菓子の新ブランド「ジュエリースイーツ」を展開。東京都内のファミリーマートとサークルK・サンクス2600店舗で販売し始めたので、主要な商品を実食してみた。

焼き菓子にひと手間加えて見た目も味も豪華に

 ジュエリースイーツは名前の通り、まるで宝石のような華やかさを持つ。その見た目は焼き菓子というよりも生菓子に近い。

ファミリーマート 商品本部 加工食品・飲料部 加工食品・菓子グループ 藤原由江氏。1品だけこだわった商品を発売するのではなく、ある程度のアイテム数を面で展開することで、新しい焼き菓子の楽しみ方(シーン)を提供できるのではと考えてブランディングしたと話す
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでのコンビニの焼き菓子は、フィナンシェやパウンドケーキに代表されるような、見た目から味が想像できるような商品が多かった。そこでファミリーマートは新しい切り口を模索し、日常的に食べられるのはもちろんのこと、自分へのご褒美や分け合って食べられるような焼き菓子を目指して、2016年3月から商品の開発に着手した。「既存の焼き菓子との大きな違いは、見た目と味」と、ファミリーマート商品本部の藤原氏は話す。

 従来の焼き菓子商品は、焼いた後にスライスするくらいしか手を入れていなかったが、ジュエリースイーツは商品を焼いた後にクリームを絞るといったトッピングを加えている。ひと手間プラスすることで、見た目が華やかになると同時に、味わいも深みが増すという。

 また、焼菓子メーカーではなく、洋菓子専門店やチルドデザートの製造メーカーと組んで商品開発を行っている。生クリームなどの扱いに長けたチルドデザート製造メーカーならではの視点により、今までの概念に捉われない新たな発想の焼き菓子が誕生した。そのぶん開発には苦労し、何度も試作を重ねたという。「お客さまはデザートに対し“癒やし”も求めている点から、ただ単にトッピングを施すだけでなく、女性が思わず“かわいい!”と手に取ってしまうような見た目の華やかさや美しさにこだわりました」(藤原氏)

 その甲斐あって、ジュエリースイーツを販売している東京都内の店舗では、「焼き菓子全体で前年に比べ約130%と大きく伸長している」(藤原氏)という。また、購買者のターゲットとして当初想定していた30~40代の女性に加え、20代の女性など比較的若い年代の購買層も多く、「今後、販売地域の拡大や新商品を投入することでより認知度が高まり、さらに伸長すると予想している」(藤原氏)とも話す。

「ショコラタルト」
ビター感のあるチョコレートタルトに、セミドライフルーツやアーモンド、チョコレートキューブをトッピングしている。税込み価格248円
[画像のクリックで拡大表示]
「レーズンバターサンド」
ラムが香る自家配合したバタークリームをビスケットでサンド。手絞りならではのクリームのデコレーションとボリューム感が特徴。税込み価格216円
[画像のクリックで拡大表示]
「フルーツタルト」
自家製タルトにホワイトチョコレートを絞り、まるごとフリーズドライした苺と、セミドライフルーツをトッピングしている。税込み価格248円
[画像のクリックで拡大表示]
「ショコラタルト(バナナソース)」
タルトを焼き上げた後にチョコレートクリームをデコレーションしたタルト。なかにはバナナチップとバナナジャムが入っている。税込み価格200円
[画像のクリックで拡大表示]