ズームのイメージが強烈な「COOLPIX P1000」だが、ワイド端の画も素晴らしい。神社でのカットだが35mm判換算24mm相当で迫力のある広がりを感じる写真になった(f/3.2、1/1600秒、ISO-100、露出補正-2、焦点距離4mm)
[画像のクリックで拡大表示]
「COOLPIX P1000」はマクロ撮影でも活躍する。ズーム位置によって異なるが、「マクロAF」ではレンズ前約10cmからレンズ前約1cmの被写体まで撮影可能だ。写真は多摩川で見つけたカマキリ。表情がよく分かる(f/4.5、1/200秒、ISO-100、焦点距離54mm)
[画像のクリックで拡大表示]