前回レビューしたソニーの「RX100M6」は、24-200mmをカバーする高性能なズームレンズで好評を博している高級コンパクトデジタルカメラ。一方、パナソニックの最新モデル「LUMIX TX2」も光学15倍の高倍率をうたう人気モデルだ。オンラインストアでの価格はRX100M6が税別13万8880円、LUMIX TX2が税別11万6800円と約2万2000円の差があるが、それは基本性能や使い勝手に表れているのか。両モデルを徹底比較した。

[画像のクリックで拡大表示]
24-200mmのズームレンズを搭載する「RX100M6」。ソニーストアでの価格は税別13万8880円(1.0型 Exmor RS CMOSセンサー、有効画素数約2010万画素、3.0型エクストラファイン液晶、NFC、Wi-Fi対応、幅101.6×高さ58.1×奥行き42.8mm、本体重量約274g)
[画像のクリックで拡大表示]
光学15倍ライカDCレンズを搭載する「LUMIX TX2」。パナソニックストアでの価格は税別11万6800円(1.0型 MOSセンサー、有効画素数約2010万画素、3.0型IPS/TFT液晶、Bluetooth、Wi-Fi対応、幅111.2×高さ66.4×奥行き45.2mm、本体重量約298g)