フリスクがマスクになった!?

 意外に盲点だったというか、すでにあってもよさそうなのに実はなかったのが、スズランとフリスクのコラボによる「エアスペースフリスクマスク」(2枚入り200円)。フリスクの香りが付いたマスクだ。これがかなり強力で、付けた瞬間はフリスクを食べるのと変わらない香りが襲いかかってくる。そして、香りは意外に長続きする。

スズラン×フリスク「エアスペースフリスクマスク ペパーミント」(2枚入り200円)
[画像のクリックで拡大表示]

 マスクは自分の息がこもるわけで、その意味では、付けたときに爽快感を感じられるのはかなりありがたい。通常の香りの「ペパーミント」と、より強烈な「ブラックミント」の2種類が用意されている芸の細かさも楽しい。

こちらは、より強力なミントが香る「エアスペースフリスクマスク ブラックミント」(2枚入り200円)
[画像のクリックで拡大表示]
マスク専門メーカーが作っているので、マスク自体の実用性、信頼性は高い
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイヤルを回すだけで度数を変えられるメガネ「アドレンズ」の新作「アドレンズ・ライフワン」(4980円)は、近視だけでなく、老眼への対応を強化したタイプ。災害時などに対応するための「いざというときのメガネ」というコンセプトに加え、シルバーユース向きの、進みやすい老眼に1つで対応できるメガネとしてのニーズや、携帯する読書鏡としての用途に対応した製品なのだという。たしかに、壊れにくく携帯しやすいし、わざわざ合わせなくても、買ってから自分で調整できる手軽さは、ほかにない魅力。老眼鏡の入門としてお試しで使うのにも向いている。

アドレンズ・ジャパン「アドレンズ・ライフワン」(4980円)。従来の「アドレンズ」は+3までの対応だったが、今回、+5までの老眼に対応した
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/納富廉邦)