ポーチ、セカンドバッグ、クラッチバッグ、呼び方は何でもいいが、財布やカード類、筆記具など日常で持ち歩くアイテムだけを手軽に収納できるケースや、カバンの中を整理するためのポーチは、カバンとは別に欲しいものだが、なかなかカッコいいものがない。“便利さ”だけにフォーカスすれば選択肢は広がるものの、だからといってビニール製のポーチを持つのも考えものだ。そこで、今回は持っていて便利、そしてカッコいいポーチを集めた。

一見紙袋だけど、味わい深いポーチ

[画像のクリックで拡大表示]

 水にぬれても破れないどころかぬれた状態で強度を増し、重いもの(約10kgまで)を入れても大丈夫という、和紙すきの製法で作られた紙、ナオロンを使ったさまざまなアイテムを製作しているブランド、SIWAのクラッチバッグは、ほとんど紙袋だ。だから、とても軽く、そして気取らずに持ち歩ける。

上部を巻いてスナップボタンで留める方式。スナップボタンが隠れるので単に袋の上を折っているだけのように見えるのも良い
[画像のクリックで拡大表示]

 上部にはスナップボタンが付いているので、くるっと折り返してスナップボタンで留めれば、取り落としても口が開くことはなく、中身が転がり出ることもない。単なる紙袋ではないのだ。なかでも、このWideサイズは幅が31.5cmあり、A4の雑誌が入る大きさ。マチ幅は7cmほどもあるため、コンパクトなカバンのように扱える。やや横長の形なので抱えて持つにも持ちやすい。

A4の雑誌も入るが大きくは見えない。ただし入れ過ぎると持ちにくくなるので注意
[画像のクリックで拡大表示]
抱えてみるとこんな感じ。見た目は紙袋だが、サイズ感が良く洒落て見える
[画像のクリックで拡大表示]

 SIWAの製品は、使っていくうちに和紙のようなシワがつき、表面が柔らかくなって、風合いが増してくるのも特徴の一つ。普通の紙袋のようにボロボロにならず、味わいが出て長く使う楽しみもある。また、書類入れとしてカバンの中に入れても違和感がない。

 サイズはWideの他に、縦長のMとLがあり、バッグインバッグや小分けポーチとして使うことも可能だ。色はブラウンとブラック。見た目は高級感のある紙袋なので、仕事中にかたわらに置いてもさまになる。価格も手頃なので、用途別に複数買ってもよさそうだ。