2016年1月25日、ANAが国内線での機内Wi-Fi(インターネット接続)サービスを開始した。サービス開始に先立ち、対応便に搭乗してその使い勝手を検証した。

2016年1月25日にスタートした「ANA Wi-Fiサービス」
[画像のクリックで拡大表示]

 1月25日のサービス開始当初はボーイング777-300型機の1機(主に羽田―千歳、福岡、沖縄路線を中心に投入)からスタートし、順次対応機を増やして2017年度末までに合計約100機(ボーイング777、787、767、737、エアバスA320※一部機材を除く)でWi-Fiサービスが展開される。

 国内線での機内インターネット接続サービスはすでにJALが導入しているが、それとどう違うのか。まず筆者が注目したのが、自分のスマートフォン、タブレット、ノートパソコンがあれば無料で使えるサービス。なかでも画期的といえるのが、「ANA SKY LIVE TVサービス」だ。

 スカパーで放送されている24時間ニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」、巨人戦主催ゲームを全試合生放送する「日テレジータス」、24時間サッカーのみを放送する「スカサカ! 24時間サッカー専門チャンネル」の3チャンネルが機内にいながらリアルタイムで観られる。ビジネスパーソンにとっては特にニュース専門チャンネルが重宝するだろう。筆者は米国のLCC「ジェットブルー」などで衛星放送を楽しめるサービスを何度か利用しているが、機内での時間が短く感じるなど、テレビが観られる効用は意外に大きいと思う。

「日テレNEWS24」「日テレジータス」「スカサカ!24時間サッカー専門チャンネル」の3チャンネルがリアルタイムで観られる
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に機内でスマートフォンやタブレット、ノートパソコンを使って各チャンネルを視聴してみたが、野球やサッカーの選手がプレーする動きもスムーズに観られるなど、地上と同じように滑らかな映像を楽しめた。ANAではすでに国際線のボーイング787-9型機などで「NHKワールドプレミアム」「CNN」などを観られるが、あくまでのシートテレビのみ。今回の国内線サービスは自分のスマホやタブレット、ノートPCで楽しめるのがポイントだ。

[画像のクリックで拡大表示]
どのデバイスを使っても映像は滑らかだった