ボルボが2年連続の大賞に輝いた日本カー・オブ・ザ・イヤー。“本命なきCOTY”のなか輸入車が“年グルマ”となった日本のクルマ業界が抱える問題とは。

【コンセプト】なんとボルボ2年連続という大波乱!

 正直、ビックリされた人も多いはず。そう、今年の“年グルマ”たる2018ー2019日本カー・オブ・ザ・イヤーをボルボ「XC40」が獲得! あれ、ボルボって去年もとらなかったっけ? しかもまた輸入車なの? と。

 確かに39回目となる同賞の歴史のなかでも、輸入車が大賞をとったのはわずかで、今回も3回目であり、しかも日本で一番売れるド定番輸入車のVW「ゴルフ」つながりでも、同じく人気のBMWプロデュースのミニ・シリーズでもなく、かつてノーマークだった北欧スウェーデンブランド。ましてやボルボは去年の「XC60」に引き続き2年連続での受賞となります。

 ホントかよ! と直感的に思った人も多いはず。選考委員を務めている小沢もこの結果には驚きました。 

2018ー2019日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したボルボ「XC40」
[画像のクリックで拡大表示]

実は小沢はマツダを推しだったが

 いっぽう今年の自分の配点を振り返ると、ファミリーSUVとして新しい地平線を描いた3列シートのマツダ「CX-8」をトップの10点とし、三菱自動車として4年ぶりの新車である「エクリプス クロス」に2番目の5点を配点。残りは注目輸入車にほぼ均等に配点し、具体的にはVW「ポロ」に4点、BMW「X2」と肝心のボルボ「XC40」に3点ずつ。XC40もいいクルマですが、小沢個人としては大賞までは別にいいでしょうと思っていました。

 イメージ的には国産車がCOTYを順当に受賞し、XC40はインポート・カー・オブ・ザ・イヤー争いに入るかな? ぐらい。しかしふたを開けてびっくり! 2位のトヨタ「カローラ スポーツ」に49点差を付けてのなかなかの勝利。

 小沢としてはカローラもいい出来だと思いましたが、2019年登場のセダンこそが日本での本命でしょう! と配点を見送ってしまいました。果たしてこの判断が正しかったのか。少し悩みます。

 とはいえ今年のCOTYをXC40がとったのは、昨年以上に時代の流れを感じます。

小沢コージが10点を配したマツダ「CX-8」
[画像のクリックで拡大表示]