39年ぶりに新型が発売されたメルセデス・ベンツ「Gクラス」。古き良き味をできるだけ残しながらすべてを一新するという、前代未聞のフルモデルチェンジが行われたというこの新型に、小沢コージが試乗。その仕上がりはまるでリアル・ラグジュアリー・スポーツカーだという。

【コンセプト】『宇宙戦艦ヤマト』もビックリの中身総取っ換えぶり

 また一歩、自動車エンターテインメントの世界であり、クルマがもたらす快楽が進化したと思いました。それは事実上39年ぶりに初めてフルモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツ「Gクラス」!

 一見、変わらぬ無骨過ぎるクロスカントリー4WDで、1979年に生まれた初代モデルにそっくり。その実、変わってないのは「ドアハンドル」「スペアタイヤカバー」「ヘッドライトウォッシャーノズル」だけという総取っ換えぶり。

 つまり、新しくなったのにもかかわらず、外観はひたすら初代を模していて、一見昔の戦艦っぽいのに、中身はハイテク宇宙船という『宇宙戦艦ヤマト』もビックリのモダンな出来映え。そこが新型Gクラス最大のキモなのです。

 実際、初代モデルはNATO(北大西洋条約機構)軍に正式採用された軍用車がベースであり、ある意味、ほかのクルマにはない街を走れる戦車的な魅力が最大の魅力でした。その乗ればすぐ分かる金庫のようなドア開閉音や駆動系の剛性感は、まさにミリタリースペックとしか呼びようがないもの。一度乗ったクルマ好きやセレブリティーをつかんで離さない絶対的なものがありました。

メルセデス・ベンツが新型「Gクラス」を発売。写真は「G 550」(メーカー予定小売価格は税込み1562万円)
[画像のクリックで拡大表示]