【小沢コージの勝手なる予言】地力に勝るトヨタHVと山の神たるe-POWER! どっちも面白い

 結論からまいりますと、やっぱり地力に勝るトヨタHV強し! って感じでしょうか。高速&山道いろいろガンガン走ったときのトータルじゃ、やはりトヨタTHS IIの有利さ動かず。燃費スペックに現れない良さがあり、長年チャンピオンを守っているだけあります。

トヨタ「ノア ハイブリッド」が燃費バトルに勝利
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ長い高速の下り道とか、思い切ってエアコンを切って街中をゆっくり走るとセレナe-POWERはとんでもない低燃費をたたき出す可能性があります。基本は効率に優れたモーター駆動。うまく使えばムダなく走れるのです。

[画像のクリックで拡大表示]

総合力のノア&ヴォクシー、走りのスッキリ感&半自動運転の面白さでセレナ!

 走り味の違いも印象的。ノア ハイブリッドがそれなりのエンジン風味というか、ときおり昔ながらのエンジンサウンドやノイズをモワーッと響かせて走るのに対し、セレナ e-POWERのスッキリ具合はかなりのものです。

 駆動は完全モーターオンリーで独特のピュア感がありますし、合わせてタイヤノイズやエンジンノイズを徹底的に排除してあって、EV風味がハンパない。

「セレナ e-POWER」は駆動がモーターオンリーでやはりEV風味
[画像のクリックで拡大表示]

 セレナe-POWER特有のトゲを取り去った走り味に「ステアリングの手応えが薄い」「シートの座り心地もトヨタの方がいい」と感じる人もいるようですが、それはそれでユニークなキャラ違い。ベタなクルマ好きはトヨタハイブリッド、走りにパワー感よりすっきり感を求めるイマドキの女子はセレナe-POWERのほうが向いている気がしました。

座り心地は日産「セレナ e-POWER」のほうが微妙にいいかもしれないというレベル
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに3列目の使い勝手はシートスライドの付いているセレナが微妙に有利。座り心地は、若干セレナのほうがいいかも? と本当に微妙な気のせいレベルの差がありました。

[画像のクリックで拡大表示]

 それからセレナの半自動運転「プロパイロット」はやっぱり結構ラク。前走車への追従性能は電動化によってよりスムーズになっており、ゆったり高速はかなりハンドルつまみドライブでこなせました。こういうドライビング・パフォーマンスを欲しがる人も今は多いんじゃないかと。

日産の半自動運転技術「プロパイロット」は便利
[画像のクリックで拡大表示]

 ってなワケでやはり新作セレナe-POWER、今後も台風の目になってくれそうな予感必至です。

[画像のクリックで拡大表示]

プロフィール

小沢 コージ

自動車からスクーターから時計まで斬るバラエティ自動車ジャーナリスト。

連載は日経トレンディネット「ビューティフルカー」のほか、『ベストカー』『時計Begin』『MonoMax』『夕刊フジ』『週刊プレイボーイ』、不定期で『carview!』『vividcar』などに寄稿。09年10月から10年3月までTOKYO MXテレビで毎週土曜夜11時に放映した『アンダーステア』のパーソナリティとしても活躍。近著に「アンダーステア DVD Vol.1 スーパースポーツ編」がある。愛車はロールスロイス・コーニッシュクーペ、シティ・カブリオレなど。

ブログ「小沢コージでDON!!」も随時更新。