【小沢コージの勝手なる提言】めざせレクサス新高級FFセダン革命!

 とはいえ、実際にレクサスESが日本でLS代わりに売れることはさほどない気がします。LSは全長5.2m超で1000万円オーバーのフラッグシップで、日本を代表する経営者であり政治家が乗るクルマ。

 実用的な意味以上に、日本で一番いいクルマであり、高級セダン。何かにつけ「一番」が欲しい人が乗るのです。シートマッサージャーや足を伸ばせるオットマン機能などもLSのほうがさすがに充実しています。

 しかし、ESはESで新しい客層を捕まえるかもしれません。1ヵ月で5600台を受注となかなかの数字を上げているのもさることながら、単純に新生レクサスブランドとして分かりやすいからです。

1か月で受注台数は5600台
[画像のクリックで拡大表示]

 分かりやすくLSと共通性のあるアグレッシブなフロントマスクに、見た目以上に広い室内。そして新世代ハイブリッドシステムがもたらす滑らかな走りと静粛性。今はやりのSUVほどのインパクトはありませんが、新しさは感じます。

 逆に今までのレクサスセダンは、LS以外でさほど目立つものはありませんでした。ミディアムクラスの「GS」はサイズも主張も中途ハンパだったし、コンパクトセダンのISには和製BMW「3シリーズ」の匂いが付きまといました。

 しかしESのようなセダンは、メルセデスやBMWにはありません。静かで広くて燃費が良くて、スタイリング的主張をしっかりしているFFセダン。そのほかトヨタグループは、中国戦略でも高級車のクラウンをFFに切り替えようとしているといいます。

FFのため室内が広い
[画像のクリックで拡大表示]

 後席が広いクルマが喜ばれる中国やアジアでまず火が付き、日本でもそれなりに売れ続け、あわよくばドイツプレミアムのFRセダンを一部食う。そうなるとレクサスブランドは変わっていきそうな気もするのです。ホントにそんなにうまくいくかはわかりませんが(笑)。

[画像のクリックで拡大表示]
スタイル ★★★★
実用性  ★★★★
志    ★★★★


(文・写真/小沢コージ)

プロフィール

小沢 コージ

自動車からスクーターから時計まで斬るバラエティ自動車ジャーナリスト。

連載は日経トレンディネット「ビューティフルカー」のほか、『ベストカー』『時計Begin』『MonoMax』『夕刊フジ』『週刊プレイボーイ』、不定期で『carview!』『vividcar』などに寄稿。09年10月から10年3月までTOKYO MXテレビで毎週土曜夜11時に放映した『アンダーステア』のパーソナリティとしても活躍。近著に「アンダーステア DVD Vol.1 スーパースポーツ編」がある。愛車はロールスロイス・コーニッシュクーペ、シティ・カブリオレなど。

ブログ「小沢コージでDON!!」も随時更新。